ECOOL-LABO AC-201

冷却効果が落ちているのはエアコンシステムに何らかの問題があります。

原因をチェックし、新車時の頃のような快適なエアコンを取り戻しましょう。
そのためにまず必要なのはカーエアコンの仕組みと問題点を知ることです。

そもそも カーエアコンってどうして「冷える」のかご存知ですか?
注射前にアルコール消毒をすると、「ヒヤっ」としますよね。これはアルコールが冷たいのではなく、アルコール(液体)が蒸発(気化)する際に周りの熱を奪ってしまうから冷たく感じるのです。この『液体⇒気化=冷える』の原理を利用し、車はエアコンシステム内にある「エアコンガス(冷媒)」を液体⇒気体⇒液体というサイクルを繰り返し、その冷えた空気を車に送っているのです。
気体から液体に変換させる役割を担っているのがエアコンの心臓とも結われる「コンプレッサー」という機械。 これが気化したエアコンガス(冷媒)を圧縮させて液体にする働きをします。ただ、動力をエンジンからもらう為、エンジンに負荷をかけることにもなります。

じゃあなぜエアコンの冷えが悪くなってしまうのでしょうか?
問題はエアコンガスの性質の部分とコンディションの悪化の2点があります。

◆エアコンガスの性質の変化

①現在の冷媒「R134a」は性質的に以前使用されていた冷媒「R12」に比べて環境面(オゾン層への影響)には優しいものの冷却効果には劣る部分がある。

◆エアコンガスとエアコンオイルのバランス比の崩れ

②エアコンのシステムは「エアコンガス(冷媒)」と「エアコンオイル」の2つバランス(混合比)で成り立っているため、そのバランスが崩れると効率よく液体⇒気化ができず 冷却効果が悪くなってしまうのです。
 (※バランスの調整には下記エアコンシステムのトラブルシューティングを参照してください)

③最近のコンプレッサーはエンジンの負荷をできるだけ抑えるように。省動力化されてはいるものの、一般的にはエンジン動力の約6%の動力を使用すると言われており、特に小排気量車においては顕著にパワーロスがを感じられる傾向があります。

そこで、問題である①冷媒の能力の向上、②ガスとオイルのバランスを整える、③コンプレッサーの潤滑性の向上を図るのうち①と③を向上させるために使用するのがエアコンシステム添加剤になるのです。
(※②は添加剤を使わず、バランス調節をすることができます 下記「エアコンシステムトラブルシューティング参照)

そこで おすすめするのが『ECOOL-LABO AC201』です。

エアコン内部の摩擦抵抗を大幅に低減する事により燃費・出力損失を向上するだけでなく、冷却性能も向上し、運転時の快適温度を作り出すことができます。

商品特長

製品成分

◆コンプレックスエステル

【特  徴】 100%合成油のベースオイルの1種。複数のエステルを複合して精製。
       オイル粒子が細かく軽量で、金属への吸着性を持つ。(イオン結合、電気的結合)
       その特徴により油膜保持力があり耐熱、耐圧性に優れる。
       オイル自体を改質し性能を向上する。

◆フリクションモディファイヤー(FM剤)

【特  徴】 摩擦低減剤。エアコンシステム内の摩擦を減少させ、コンプレッサーなどの作動効率を
       上げることでエンジン出力のロスを低減する。

◆冷却促進剤

【特  徴】 熱伝導を促進させる物質を配合。エアコンシステム内の熱交換効率を上げる。
       パウダー状の物質でR-134aよりも比重が軽いため混ざりやすく、詰まらない。

資料ダウンロード